②唐牛の毛

戊辰戦争のドラマや映画で、新政府軍の士官が被っている赤や黒、白などの長い毛付いた帽子をご存知でしょうか?

この兜についている毛を被っていたのですが、これは唐牛、からうし(ヤク)の尻尾の毛です。

徳川家康の家臣だった本多忠勝が兜に乗せていたのですが、これがカッコ良く、強そうに見えたので、本多家の家臣が真似をして被る様になったそうです。

非常に高価な舶来品でしたので、大事に江戸城に保管してあったのですが、これを新政府軍が開城の時に戦利品として持ち出して被り出したんですね。

確かに強そうに見えますよね。暑そうですけど…。

ちなみに、黒いのは薩摩、白いのが長州、赤いのが土佐で、それ以外の藩は被らせて貰えなかったそうです。

まぁ、奪い取った物なんですけどねぇ。

ブログランキングに参加しています。
↓ポチっとクリックお願いします↓
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ人気ブログランキングへ

Ads by Sitemix